NAOMI

既存の透視台システム
そのままでデジタル化を実現。
NAOMI Slide 使用例写真

驚くほど簡単。透視台の上にセットするだけ。

デジタルレントゲンが、格安な値段で。今お使いの透視台撮影システムに、NAOMI-Slideをセットするだけ。もちろん、X線発生装置もそのまま。X線照射から画像表示までわずか数秒。現像のプロセスや、IPなどを読み込む煩わしさから開放されます。撮影した画像はパソコンに自動保存されるため、患者管理も簡単に行なえます。

NAOMI-Slide PCとの接続図

既存の透視台撮影システムはそのままで
簡単デジタル化

既存の透視台撮影システムをそのままに、NAOMI-Slideを置くだけの簡単設置。必要なのは、NAOMI-Slideと1台のPCだけ。たったこれだけで、レントゲンのデジタル化ができます。透視台のメーカー・年式は問いません。

NAOMI-Slide 透視撮影風景

フィルムの代わりにセンサーが高速スライド

まずは、NAOMIセンサーのポジショニングを行ない、撮影位置を記憶させます。撮影したい時には、リモコンのボタンを押すだけでNAOMIセンサーが高速スライドして撮影位置に。画像はX線照射後、数秒でモニターに表示されます。フィルムチェンジャーの準備など、煩わしい作業はありません。

NAOMI-Slide 使用説明図1 NAOMI-Slide 使用説明図1 NAOMI-Slide 使用説明図1
マウスのみの簡単操作

デジタルレントゲンだからできること

撮影した画像は、マウスを操作だけで簡単に調整や処理ができます。症状や部位に応じて見たい部分を見やすく表示。しかも、1枚の画像から多くの情報を引き出せるので、取り直しが少なくなります。いままでスペースをとっていた暗室、フィルムや現像液などの保管庫も一切いりません。もちろん、胸部や腹部などの単純撮影にも対応しています。

透視台対応デジトゲン NAOMI-Slide
撮影方式 シンチレーター
センサー構造 CCD(Charge Coupled Devices)
画素ピッチ 水平7.2μm x 垂直5.6μm
読み取り画素数 6,144 x 7,872(4,837万画素)
撮影サイズ 最大 352mm x 432mm
データ出力 DICOM / BMP / JPEG / PNG / GIF
仕様温度範囲 15〜30°C(湿度 30〜70% RH)
使用電源 AC100V(50〜60Hz)
消費電力 200VA
外形寸法 H1990mm × W560mm × D85mm
質量 45Kg

仕 様

NAOMI-Slide SPEC図
NAOMI-Slide SPEC

左のボタンをクリックすると、資料請求フォームのページに移動します。コメント欄に、「サンプルムービー付きNAOMI-Slide資料希望」と入力して、ご応募ください。